模倣品再発防止策についてのご報告

2020.12.21
株式会社dazzy
      代表取締役 下井大学

平素は、格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
令和2年12月19日(土)にSNS上で、G&R商品が他のブランドや商品の模倣ではないかとご指摘を賜り、弊社は、直ちに社内調査委員会を編成し、外部の専門家の指導を得ながら調査を実施致しました。
その結果、上記ご指摘が事実であると確認致しました。
ここに改めて、GACKT様、ROLAND様、門りょう様、ご購入頂いたお客様、関係者各位の皆さまへ深くお詫びを申し上げ、あわせて弊社内における再発防止策を策定致しましたことをご報告申し上げます。
本件の原因は、直接的には、弊社のデザイナーが、デザイン考案に行き詰まり、既存商品に類似したデザインを提案したことにございます。しかしながら、弊社の調査結果を分析すると、より本質的な原因は、弊社の業務が増大するにつれて、弊社代表取締役自身が商品の品質管理を行うことができないまま、従業員にその責を任せながら、他方でその従業員のサポート体制や、品質チェック・管理体制の構築を怠ってきたという点にあるものと判断いたしました。
以上の判断をもとに、下記の再発防止策を策定し、今後、二度とこのような事態を生じさせないことを、お約束致します。

1.プロジェクト開始時にイメージソースがある場合は、イメージソース+仕様書+模倣品防止チェックシートを企画上長、事業部長、役員の順に提出し3者の承認捺印を得られた場合のみ、1stサンプルの進行を許可する事とします。

2.サンプル作成から発注に至るまでの変更経緯は必ず記録化する事とします。

3.模倣品防止チェックシートを作成し、模倣品の企画・生産を行わないよう社内管理を徹底致します。

4.最終チェックは画像検索で模倣品と思われる物がないか委託先、自社双方で検索をかけ、問題がない事を確認し、弊社顧問弁護士及び弁理士に他社の権利を侵害する物がないか最終チェックを依頼します。
上記2点の問題がない事を確認出来た商品のみ、発注稟議の申請を可とします。

5.全ての確認が取れた商品のみ、上記確認資料を全て添付の上、役員、下井代表取締役より捺印をもって発注を許可するものとします。

店舗TOPへ